ヌードがお仕事 縛るの舐めるの厳禁です!3話 ネタバレ 【クールな彫刻家とモデルの美咲が】

 

3話:自分で挿入!ダメっ刺激が強すぎる

 

 

 

 

美咲はエリオの仕事場のドアを・・開けた

 

「エリオさん」

 

・・寝ちゃってる

・・無邪気な顔してる

 

横に、デッサンが

 

 

・・これが・・・私

・・きれい

 

 

・・変態じゃないか・・と思ったけど

・・ちゃんと、やる人だったんだ

・・私も、もうちょっと頑張ってみようかな

 

 

 

そして、翌日

 

『それじゃ』

『今日は、これにまたがってくれ』

 

木馬??

 

木馬をなでながら

『いい顔、してるだろう』

『昨日、徹夜で作ったんだ』

 

「あの、これを作ってる時間があったら」

「彫像作れそうな・・・  」

 

『美咲』

『一見、無駄に感じるが・・』

『その無駄こそが、芸術なんだ!』

 

・・???

・・まあ、跨がるだけなら

 

『さあ、早く!』

 

・・いっ??????

・・なに、これ

 

・・なんか、鞍の上に

 

・・そそり立ってるんですけど

・・まさか

 

・・それは、絶対イヤ

『オレに、乱れた美咲を見せてくれ・・』

 

『頼む』

 

・・モデルがお仕事

・・エリオさんが望むポーズを

・・見せなくちゃ・ ・ いけない

・・けど、やっぱり

 

・・恥ずかしいよぉ~

 

・・それに、こんなの、入るの??

 

『いきなりは、きついか』

『少し、慣らしておこう』

 

・・エリオさんの指が

・・私の中で・・・・・

 

『濡れてきたな』

 

・・ダメ、体から力が抜けていく

 

『もっと、気持ちよくなって』

『自分に率直になってごらん』

『ありのままの姿が』

 

一番美しいんだ・・・

 

 

 

「でも、そんなこと・・・」

『まだ、ためらっているのか』

『そろそろ、欲しくなってるだろ・・』

 

びくん

 

『ちゃんと座ってごらん』

 

ズズッ

 

ぞく ぞく ぞく

 

・・こんなの・・おかしくなる

 

はぁ はぁ はぁ

 

『まだだ』

 

エリオさんが、私の腰を押した・・

 

⇒まんが王国


エリオさんがクールです
乱れない・・
美咲は慣らされて
どんどん引き込まれて・・
ヌードがお仕事!!


⇒第2話:私の恥部を視姦しないでえ